2013年6月18日火曜日

エオラス号 Bristol Channel Cutter

ブラインドセイラーのヒロさんとアナウンサーの辛坊さんが太平洋横断にチャレンジするために6/8(日)に大阪北港ヨットハーバーを出港しました。今回私たちはCW1000 クロスカット・ダクロンでメインセイルとファーリング ジブトップを製作。出港前にTWS10~14ktの絶好のコンディションでテストセイリングを行ないました。

少人数での外洋セイリングでは安全及び操作性をより重視するために強度はもちろんのこと過度なウェザーヘルムを作らないセイルシェイプが要求されます。特に今回のメインセイルはバテンの無い仕様であるために素材特性を考慮しながらフラットなシェイプをいかにして保つかというデザインが必要となります。

テストセイリング後にプロジェクト・マネージャーから、今までは深いセイルだったためにボートスピードが上がらず上り角度が得られなかったためヒールするばかりでメイン、ジブ共に早めのパワーダウンが必要だったが新しいセイルはフラット且つシェイプが安定しているので非常に快適だとのコメントを頂きました。

Quantumでは独自デザイン/解析プログラムであるiQテクノロジーを駆使してレースボートだけでなく、より安全性を求められるクルージング艇においても綿密な打ち合わせの下目的に応じたセイルをお届けいたします。








お二人の現在位置や状況を確認するには下記URLを参照ください。

ブラインドセイリング   http://www.b-sailing.com/